沢田ともこさん

仕事も人とのつながりも、全てが新しい『出会い』の場です

コミュニティ・カフェEMANONスタッフ
沢田 ともこさん
2019年4月に東京都から白河市にIターン
先輩移住者

 

移住までの暮らしと仕事

 

出身は兵庫県ですが、幼少期に東京へ越してきたのでほとんど東京育ちです。

前職は病院で理学療法士をしていました。訪問リハビリの仕事をしていたので、相手は自分よりも年上の『人生の先輩』。自分のほうが逆に教えてもらったり、支えてもらったりすることが多かったなと思います。

家の中にはその人の人生が詰まっています。そこに招かれる立場なので、相手に心を開いてもらえる関係作りを一番大事にしてきました。『相手といかにいい関係を作るか』これが仕事で得たものかなと思っています。

仕事が休みの日も近所のスーパーで利用者さんとお会いしたり、職場の方にお会いしたりする場面も多かったので、都会に住んでいたけど近所づきあいは割とあった気がします。

もともと外へ出るのが好きだったので、海外旅行へ行ったり、家族のいる兵庫県や福島県へ行ったりすることも多かったです。

 

移住するきっかけ

 

覚えているのは28歳のとき、職種が全然違う方と知り合うことがあって『このままずっと医療現場で働いていていいのかな』と思ったんです。ふと気が付いたら周りは目標をもって上京した人たちばかりで、小さいころからずっとここに住んでいる自分が置いてきぼりになった気がして。働くことに夢中になっていたけど、別の働き方を探しても良いんじゃないかと思うようになりました。

その頃ちょうど家族が福島県に住んでいた時期ということもあって、よく福島県には遊びに来ていました。それがきっかけで青砥さんと知り合って、福島県とのつながりが更に出来たんです。その後本格的に仕事を辞めようか相談していた時に「EMANONに来たら?」と誘ってくれて、思い切って行ってみようと決めたのが昨年のことでした。

 


 

不安はもちろんありました。これまでの友達関係が変わってしまうこと。転職先が医療関係ではなかったので、いつか医療現場に戻るときのことを考えるとブランクも不安でした。

でも、友人やSNSなどで柔軟に動いている人のことも見ていたし、移住前に何度も白河市を訪れて色んな方とお話する機会があったので、一人で悩むことはなかったです。

また、母とはもともと離れて暮らしていたのですが、距離が遠くなってしまうのが母としては不安だったみたいです。「何かあったらちゃんと連絡するから!」って約束して、今では毎日といっていいくらい頻繁にLINEをしています。

 
沢田ともこさん2

 

移住後の暮らし

 

一番変わったのは人付き合いです。今はカフェに勤めていて、必然的に仕事でつながる人がこれまでと違う業種の方になりました。市役所の方や農家さんなどと話すことが増えて、自分の視点がまた変わったなと感じます。

車も運転するようになりました。移住してからペーパードライバー講習を受けて、今は休日になると市内だけでなく郡山や会津方面までドライブに行くこともあります。また、白河市の中心部はちょっとしたお出かけならば自転車で可能な場所だと思うので、行動範囲は現在進行形で広がっていますね。

 

移住してよかったこと・驚いたこと

 

良かったことは、都会の人込みから抜け出せてストレスが減ったこと。息が詰まる感じがなくなりました。あとは、水や食べものが美味しいことです。

驚いたのは意外と寒いこと。福島の南部だから温暖な気候だろうなと思って来たのですが、春の寒さにびっくりしました。梅雨時期も結構寒いですね。あとは歩いている人が少ないことにも驚きました。皆さん、車で移動されるのだなと。

 

カフェでの仕事

 

今はカフェ業務の中でも接客や物品・金銭の管理を行っています。そのほか、定期的に畑づくりなどのイベントを開催しています。

カフェには、高校生をはじめ地域の方が多くいらっしゃいます。皆さんのお話を伺って、時には相談に乗ったり、時には知人同士をつないであげたりと、人や地域とのつながりを強く感じることができます。

これまでの仕事で身に着けたスキルが活かせているのかは、正直まだ実感できていません。ですが、色んな事にチャレンジできる職場なので、これから自分のやりたいことを見つけて挑戦していけたらいいなと思っています。

 

収穫した作物をカフェの軒先で販売しているようす

畑づくりでお世話になっている農家さんとの販売イベント。大好評でした

 

移住を検討している方へメッセージ

 

私の体験談ですが、移住前に地域の方と顔見知りになって生活のことや仕事のことなどを聞けたのが良かったと思っています。不安はあったけど、心の準備ができてから移住することが出来ました。

もう一つ、自分が体験して思ったのは『待っているよりも自分から動く』こと。都会のように何もしなくても環境が目まぐるしく変わる場所ではないので、何か変えたいと思ったら自分から動くことが大事だなと思います。

白河市は、まち全体で新しいことを生み出そうとしているように感じます。『次の世代のために』と動いている人が沢山います。なので、面白いことをしたい人にとっては可能性のあるまちなのではないかと思います。


 
カフェEMANONホームページ


 
カフェEMANONインスタグラム

 
カフェEMANONツイッター