第3回 tenten Cafe in しらかわ 開催レポート

タグ: ,

投稿日:2019年10月11日

10月5日、コミュニティ・カフェEMANONにて第3回目のtentencafeが開催されました。

今回もbel*fonteの藤本さん、浅野さんにお越しいただき、参加者の皆さんが話しやすい雰囲気づくりをしてくださいました。

今回は『オトナ会』です。お子様連れの参加はご遠慮いただき、大人女子だけのしゃべり場になりました。参加者は5名。カフェ1階のテーブルを囲んで行いました。

ようす1


トークテーマは『転入によってリセットされた仕事やキャリアについて』

最初の自己紹介のなかで、自分のこれまでの職歴や仕事に対しての悩みをそれぞれ話していただきました。その後、『キャリアアンカーテスト』を実施。各自結果を確認して、受けた結果から感じたことや、今回の感想などを自由に話し合いました。

※キャリアアンカー:個人がキャリアを選択していく上で絶対に譲れない軸となる価値観や欲求、能力などを人生の錨(アンカー)として例えたもの。キャリアアンカーは一度形成されると周囲の環境や年齢が変化しても代わりにくいと言われており、生涯にわたってその人のキャリアを決定づける重要なファクターだとされている。

仕事に対しての悩み

・仕事が決まったが、職場での人間関係を上手くやっていけるか不安。

・小さい子供がいるので、就職活動や研修参加に一歩踏み出せない。「子連れでも大丈夫ですよ」と言ってくれる職場もあって、本当に有り難いと思う。

・体調に波があり、仕事を続けられないのが悩み。自分の体調に合わせて働ける場所や、理解のある職場があればいいのだが…。

・これまで地元の人が多い職場で「よそ者」扱いされてきたので、馴染めるかどうか、自分の意見が受け入れられるかどうか不安。

・就きたい仕事があっても、働いている人からの情報や評判などが分からないとなんとなく応募するのを躊躇ってしまう。

・本当は正社員で働きたいが、いつ夫の転勤があってもいいようににパートで仕事探しをしている。

すべての悩みに、「うんうん」「わかります」といった共感の声が。参加したスタッフ(転入者)も皆さんの経歴やお話ひとつひとつに重みを感じ、また悩みについても共感できるものばかりでした。

ようす2


テスト結果は「やっぱりこうなるんだなぁ」だったり「まさかこんな結果とは」だったり…感じ方は様々だったようです。仕事の内容だけでなく、ワークライフバランスや家族の支えなど、皆さんの中で大切なものはそれぞれ。働くことに対しての視野が広がり「相談してよかったな」と思えた時間でした。

第1回第2回のトークでも、転入者どうしだから分かり合えることが沢山ありました。そして今回仕事やこれまでのキャリアについて話せたことで、より参加者一人ひとりの経緯や考え方、価値観について知ることが出来たなと思います。

しらかわ開催は〝一応〟これで最終回。寂しい限りです…。

tentencafeは県内各地で開催しています。仲間づくりに参加してみてはいかがでしょうか??